MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

壊れたPCのHDDのデータ救済法

アドバイザー先のPCが起動しないとの連絡が入った。さっそく、行ってみると、「チップセットのヒートシンクが外れています。」とのBIOSメッセージ、あけてみると確かに外れていた。基盤の取り付ける金具自体が外れているようで簡単には治りそうにない。

5年前のPCなので、修理代を出して修理するより廃棄して新規購入ということになった。

廃棄は、以前の記事 PC廃棄で得するで紹介した買い取りサイトを利用することにした。

問題は、HDD内のデータです。大事なデータはサーバーに保存するように指導しているのですが、一時的にローカルに保存していたデータ、プラウザのお気に入り等が欲しいとのこと。

このように、PCが壊れた、OSが起動しなくなったが、HDD内のまだ生きているデータを救済したい、というような場合に簡単かつ安価にHDDのデータを救済する方法です。

アドバイザー先のPCが起動しないとの連絡が入った。さっそく、行ってみると、「チップセットのヒートシンクが外れています。」とのBIOSメッセージ、あけてみると確かに外れていた。基盤の取り付ける金具自体が外れているようで簡単には治りそうにない。

5年前のPCなので、修理代を出して修理するより廃棄して新規購入ということになった。

廃棄は、以前の記事 PC廃棄で得するで紹介した買い取りサイトを利用することにした。

問題は、HDD内のデータです。大事なデータはサーバーに保存するように指導しているのですが、一時的にローカルに保存していたデータ、プラウザのブックマーク等が欲しいとのこと。

このように、PCが壊れた、OSが起動しなくなったが、HDD内のまだ生きているデータを救済したい、というような場合に簡単かつ安価にHDDのデータを救済する方法です。

まずは、壊れたPCからHDDを取り出します。PC買い取りサイトでは、HDDを抜いた状態でもたいてい買い取りしてくれます。セキュリティの点からも取り出しておいた方が安心ですね。

取り出したHDDをどうするかですが、別のPCに増設HDDとして接続すればいいのですが、職場のPCは省スペース型なので増設できません。そこで、思いついたのが、USB接続のHDDケースです。

さっそくPCショップへ行って一番安いのを買ってきました。買ったのは、下記の物です。1980円でした。
玄人指向 GW3.5AI-U2/VB

これは、3.5インチIDE用のものです。買うときはHDDのサイズ、接続形式に注意して対応した物を買う必要がありますね。

ケースへのHDDの組み込みは簡単です。コネクタを差し込んで4ヶ所ねじ止めするだけです。あとは、USBでパソコンと接続するだけです。スタートメニューよりコンピュータ(マイコンピュータ)を開いて、ローカルドライブとして認識されれば成功です。

HDDCase.jpg

玄人指向は安い代わりにサポートなしということ、また、Webで検索してみると品質に問題ありとの声もあったので心配してましたが、なんなく認識されました。で、無事、必要なデータを新規パソコンにコピーできました。

ちなみに、パソコンの買い取りは前回も利用した パソコン買取.com で、買い取り価格1000円でした。

  • メーカー/DELL
  • 型番/Dimension 2400C
  • OSが起動しない、HDD(ハードディスク)を取り外した
  • キズ、汚れ/経年劣化のみ
  • リカバリCD有
  • 付属品/外箱以外全て有、液晶モニタ、マウス、電源ケーブル、キーボード、ACアダプタ、取扱説明書


拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/135-55b45fea
該当の記事は見つかりませんでした。