MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

AC2003のメニューに対応するAC2007のコマンドを簡単に調べる

MSAC2007Guide0.png 以前のバージョンを使っていたユーザーがAccess2007を導入して一番とまどうのはリボンというインタフェイスですよね。いままのメニューバー、ツールバーから構成が全く変わってしまって、しばらくは目的のコマンドを探すためにリボンをあちこちうろつくことになります。

MSAC2007Import.png 先日もリンクテーブルを作成しようと思ってあちこち探したが見つからない。以前の記事で紹介した「Access リボン マッピング ブック」で検索すると「Office ボタン | サーバー | テーブルのリンク」にあるということなのだが「サーバー」などというメニュー自体ない。さんざん探して、「外部データ」タブの「インポート」グループのAccessボタンをクリックして開いたダイアログで「インポート」か「リンク」かを選択できるのをやっと見つけた。(Access リボン マッピング ブック が間違っているし、なんで、「インポート」と「リンク」が「インポート」グループに入るんじゃ~と血圧が上がってしまった。)
これはほんの一例で、他にもこのようなことは多々あり、慣れるまでは相当ストレスがたまります。そこで、バージョンアップユーザーのこのようなストレスを少しでも軽減する方法を紹介します。

難易度:

インタラクティブ: Access 2003 の機能に対応する Access 2007 のコマンド リファレンス ガイド

上記のページの
MSAC2007Guide.png
をクリックしてスタートボタンを押すと、なつかしいAC2003のウィンドウが表示されます。

MSAC2007Guide1.png

メニューやツールバーのコマンドにマウスをかざすとAC2007で対応する操作方法がツールチップに表示されます。また、クリックすると、AC2007のウィンドウ画面に変わり、AC2007での操作方法がグラフィカルに表示されます。メニュー等は実際のAccessのように開いたり、閉じたりできるし、デザインビューやフォームビュー等に切り替えることもできます。

これは非常によくできていますので、リボンに慣れるまではこのページを開いておいて、場所が分からないコマンドのときは、ここで調べると、ストレスはかなり軽減されると思います。

ちなみに冒頭の2つAC2007のリボン画像は上記のページをキャプチャした画像です。

拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/226-1df9f515
該当の記事は見つかりませんでした。