MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

カテゴリ内前後記事移動スクリプト

関連記事リスト自動表示スクリプトの改良版 の記事に下記のようなコメントがつきました。

こちらのものを
カテゴリー内でエントリーの前後の記事を表示するようにしたいのですが
スプリクトコードを変更すれば可能でしょうか。

この、カテゴリ内前後移動は結構、希望が多い機能のようです。FCリクエストにも、ノベルテンプレさんが要望を出していて、賛成も非常に多いです。

同一カテゴリ前後ページへのナビゲーションを可能にする変数 - FC2リクエスト

実は、当ブログには既にこの機能を実装しています。

難易度:

とりあえずカテゴリ別ページから個別記事ページへ移動してみてください。カテゴリ内移動モードになり、ページ上部と下部に同一カテゴリー内の前後記事へのリンクが表示されるようになっています。

BlgPageMoveInCategory.png

同一カテゴリー内の記事を連続して読みたいという時は便利だと思いますので、活用してください。

で、このスクリプトを公開してほしいという要望がありかも知れませんが、かなり特殊な仕様になってまして、一般性のないものになっていますので、公開してもそのままでは使えないものになってます。

解析して使えるように変更できるスキルがある方なら、自分で一から書いた方が速いでしょう。

一般性のあるものに書きかえて公開すればいいのですが、書きかえて動作テストもしてとなると結構な手間なので、公開はいまのところ考えていません。

一応、どのような処理をしているか簡単に説明しておきますので、意欲とスキルのあるかたは、挑戦してみてください。どちらにしても javascript のスキルがある程度ないと使いこなしきれないと思いますので。

  1. 冒頭で紹介した「関連記事リスト自動表示スクリプト」のブログデータの配列に、カテゴリ情報も追加します。
  2. 配列で自身の記事Noまで移動して、そこから前方の同一カテゴリまで移動して、タイトル、記事Noを取得します。同様に後方の同一カテゴリの記事データも取得します。
  3. このデータよりリンク文字列を生成して、document.writeで書き込みます。
  4. カテゴリ内移動モードと通常移動モードの切り替えは、document.referrer で前ページのURLを取得してそこに"category"が含まれているかどうかで判断して切り換えます。また、既にカテゴリ移動モードに移行しているかどうかは、前後記事へのリンクURLの最後に"?cat"+カテゴリNo というサーチ情報を追加して判断してます。
拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/270-c89c1d3f
該当の記事は見つかりませんでした。