MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

Delphi 始めました

Delphi関連でネットサーフィンしていたら、2月に Delphi XE Starter Edition というのが発売されたらしい。

Delphi XE Starter Edition

Delphi Starterは、個人または5人以下の企業/組織のユーザーが利用できるエディションです。趣味や学習を目的とした利用のほか、Delphiによって開発したアプリケーションに関連する収益が、1000 US ドルを越えないというライセンス規定にてご利用いただけます(収益が1,000 USドルを越えた場合、Professional版以上のエディションをご購入ください)。

ふむふむ、サンデープログラマーのhatenaにはピッタリですな。

価格は、通常版で \18,000、バージョンアップ版で \14,000 とな。hatenaは、Delphi5ユーザーだったのでバージョンアップ版でOKだな。

ていうか、よく読むと、Q&Aに下記の一文から判断するに、Visual Studio Express等の無償提供のIDEがだれでも入手できるので、実質だれでもバージョンアップ価格で買えるということだな。

アップグレード価格は、Delphi、C++Builder、Turbo Delphi、Turbo C++、あるいは他の有償または無償の任意のIDEやソフトウェア開発ツールを持っているユーザーが対象です。

Delphi XE Starter

こりゃー、買うしかないな。ということで、下記のショップでポチッと・・・。

【楽天市場】Delphi XE Starter ESD(ライセンスのみ) アップグレード版

2,3日後にメールでダウンロードURLとシリアルナンバーが届くらしい。楽しみだ。

ここで公開している メモ電卓 とか、Delphiが作ったツールがいろいろあるので、それらの手直しができると期待しているのだが、、、Delphi5 からだと、だいぶ変わっているんだろうな。

Unicode対応になったそうなので、そのままではほとんどのコードやコンポーネントは使えなさそうなきがする。簡単にはいかないかな。

まあ、ちょっとずつ遊びながら弄っていこう。

拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/293-e1cbefd0
該当の記事は見つかりませんでした。