MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

Enterキー押下で特定ボタンの処理を実行

ある特定の処理を実行するためのダイアログ的なフォームで、実行ボタンとキャンセルボタンを配置する場合があります。
この場合、Enterキーを押すと実行ボタンに割り当てられた処理を実行する。Escキーを押すと、処理を中止して、そのダイアログフォームを閉じる。
というのが、Windowsの標準的なインターフェイスになります。

今回は、このような動作を簡単に実現する方法です。

難易度:

フォーム上でキーボードで特定のキーを入力したときに、特定の処理を実行したいときは、フォームの「キーボードイベント取得」プロパティを「はい」にして、キー入力時(あるいは、キークリック時)のイベントプロシージャに処理を記述します。

フォーム上にコマンドボタン「cmd実行」「cmdキャンセル」が配置してあり、それぞれのクリック時にイベントプロシージャが割り当てられているとします。

キークリック時のイベントプロシージャを下記のように記述します。

Enterキー、Escキー以外のキー、例えばファンクションキーなどに処理を割り当てたいときは、このような回答でいいのですが、Enterキー、Escキーの場合はもっと簡単な方法があります。

cmd実行 ボタンのプロパティの「その他」タブの「規定のボタン」を「はい」に、同じく cmdキャンセル ボタンの「キャンセルボタン」を「はい」するだけです。

kiteibutton.gif

えっ、そんなことは知っていましたか。でも、意外と知らない人も多いようです。たまに、掲示板で上記のコードで回答しているのを見かけますので。


拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/31-96d6c157
該当の記事は見つかりませんでした。