MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

Accessウィンドウをディスクトップの中央に表示する

タイトルのような質問が掲示板でありました。

フォームを中央表示するのは「自動中央寄せ」プロパティを「はい」にするだけで簡単にできますが、Accessアプリケーションウィンドウ自体を中央表示するのは簡単にはできません。

Docmd.MoveSizeアクションもフォームしか移動できません。

Accessアプリケーションウィンドウの位置を設定するには、Windows API を使う必要があります。そこで、Accessウィンドウを中央表示する関数を作成してみました。

難易度:

標準モジュールの宣言部で、API と 定数 を宣言します。

標準モジュールに下記の関数を記述します。

フォーム上にコマンドボタンを配置してそのクリック時に、

このコマンドボタンをクリックするとAccessのアプリケーションウィンドウがワークエリアの中央に移動します。

データベースファイルの起動時に中央表示したい場合は、AutoExecマクロを作成して、そこに下記のアクションを作成します。

アクション プロシージャの実行
プロシージャ名 AppWinCenter()

あるいは、メニューフォームのような起動時に必ず呼び出されるフォームの開くときにAppWinCenterを実行してもいいでしょう。

2010/08/14 追記: 上記のコードはマルチモニター環境、また、Office の64ビットバージョンには対応していません。それに対応したものを MukkuMukuさんがブログで公開されていますので、リンクを張っておきます。
MukkuMuku備忘: access2010 access2007 アプリケーションウィンドウの中央寄せ


拍手する

2 Comments

MukkuMuku says...""

ちょっと加工させてもらいましたぜ。(*゚ρ゚)

2011.08.12 23:30 | URL | #- [edit]
hatena says..."re: MukkuMukuさん"

マルチモニタ環境、および64ビットOfficeは環境がないので、助かります。

なるほど、GetMonitorInfo を使うのですね。勉強になります。

記事内でリンクを張らせていただきました。

2011.08.14 18:22 | URL | #5uE6dEgY [edit]

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/318-6a30c165
該当の記事は見つかりませんでした。