MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

Windows7でマルチディスプレイ

4月にNewPCを購入したのだが(PC新調、SSD導入で爆速)、その後忙しくてOldPCから移行できずにいたのですが、ようやくアプリのインストールとデータの移行が完了して、NewPCをメインで使用できるようになりました。

でNewPCのグラボは出力が2つあるので、別のマシンで使っていた数年前に購入したDELLの21インチが眠っていたので、マルチディスプレイにしてみました。

マルチディスプレイ

1920 x 1200 と 1200 x 1600 の広大なディスクトップ

これはなれると作業効率が上がりそうです。出力とモニターが余っているなら、簡単にできますのでやって見る価値はありますね。

マルチ化は実に簡単で、モニターを接続するだけで自動的に認識してマルチディスプレイになりました。細かい設定はこの、デスクトップを右クリックして[個人設定]-[ディスプレイ]からできますが、より細かい設定はグラフィックボードのメーカー製のコントロールパネルのほうがいいでしょう。

OSのコントロールパネル

メーカーのコントロールパネル

画像を見てもらえば分かると思いますが、DELLのディスプレイはピボット機能がついているので、縦にしてみました。縦長のWEBページや長大なコード等をスクロールせずに見通せるのを期待したのです。

ただ、25.5インチワイドのモニターよりドットピッチが小さいので文字などが小さくなるのと、明るさが異なるのでちょっと違和感があります。

ドットピッチ違い

画像のようにウィンドウを両方にまたがるようにするとサイズが明らかに違います。普通、そんなことはしないので、どうってことないですが。21インチの方を少し手前に、25.5インチの方の少し後方にずらして、遠近法の効果使うと違和感が軽減できました。

遠近法利用

横から見るとこんな感じ。

マルチディスプレイ設置

で、とりあえずマルチディスプレイで便利な使い方をググってみた。

まずはショートカットキー。

[Windows]+[Shift]+[→]または[←] ・・・アクティブウィンドウを別モニターに移動

[Windows]+[P]・・・マルチとシングルを切り替え。サブディスプレイを使わないときは消費電力の節約できる。

ディスプレイ切り替え

あると便利なフリーソフト

ZBar

標準ではメインディスプレイのみしかタスクバーが表示されないが、これでサブディスプレイにもタスクバーを表示することができる(擬似ですが)。

MultiWallpaper

標準では、どのモニターも同じ壁紙しか表示できないが、モニター毎に壁紙を設定できる。

上記2つのソフトは自分としてはそれほど必要性を感じないので入れてませんが。

拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/354-1b0d30ed
該当の記事は見つかりませんでした。