MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

クエリで小計行、合計行を表示する

Accessなら、レポートのグループフッターまたはヘッダーで集計テキストボックスを配置すれば簡単にできます。ウィザードでもできます。

ただ、エクスポートするときとか、データシートビューで表示させたいとか、クエリだけで実現したい時もあるでしょう。

Oracle とか SQLServer ならROLLUPが使えますが、AccessのSQLでは対応してません。

クエリで小計行、合計行表示

難易度:

小計行を挿入

下記のようなテーブルとします。

テーブル「T_売上」

このテーブルから作成した選択クエリと顧客コードでグループ化した集計クエリをユニオンクエリで連結します。
グループの最後に集計行が挿入されるように、「項目」演算フィールドを追加して、それで並び替えます。

クエリの出力結果
Q_売上集計

最後に総合計行を挿入

上記のユニオンクエリにさらに、総合計の集計クエリを追加します。

出力結果

Q_売上小計合計

ちなみに、最初のタイトル画像のデータシートは、上記のクエリをソースにフォームを作成して条件付き書式で小計行と合計行の背景色を変更したものです。

サンプルファイルが下記からダウンロードできます。
QrySubtotal_07.zip (Access 2007-2010 形式 - 21kb)
QrySubtotal.zip (Access 2002-2003 形式 - 14kb)
QrySubtotal_2k.zip (Access 2000 形式 - 14kb)


拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/414-7212625e
該当の記事は見つかりませんでした。