MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

オブジェクトの説明プロパティの取得・設定関数

オブジェクトの説明プロパティの取得と設定タイトル

説明プロパティとはナビゲーションウィンドウのオブジェクトアイコンを右クリック-[***のプロパティ]ででる説明のことです。

これをVBAから簡単に取得したり、設定したりする関数です。

難易度:

説明プロパティ

オブジェクトアイコンを右クリック-[***のプロパティ]をクリックで下図のウィンドウが表示されます。

オブジェクトプロパティ

ここで説明プロパティを入力、更新ができます。

ナピゲーションウィンドウでも上部の選択バーを右クリック-[表示形式]-[詳細]をクリックすると、作成日、更新日 の下に表示されます。

ナビゲーションウィンドウ詳細表示

オブジェクトの簡単な説明や注意事項などを入力しておくなどすると便利かもしれません。

説明プロパティをバージョン管理に利用する

今回、関数にしようと思ったのは、私の掲示板の下記のスレッドでのやりとりがきっかけです。

オブジェクトを更新(最新版)にしたという確認方法は?

更新したオブジェクトをクライアントのファイルにエクスポートして更新するツールを配布しているのだが、ツール実行後、更新できているかどうか確認したいという要望です。

最初、オブジェクトの更新日プロパティを使ったらどうかと思いましたが、エクスポートすると作成日、更新日ともエクスポートした日時になりますので使えません。

そこで、オブジェクトの説明プロパティにバージョン情報を入力しておいて格納しておいて更新元と更新先と比較してはどうかと提案しました。

説明プロパティの取得関数・設定関数

標準モジュールに下記のコードをコピーしてください。
([プレーン表示]にしてコピーするか、[クリップボードへコピー]を利用してください)

使用例

カレントデータベースのオブジェクトの説明プロパティの取得・設定

外部ファイルのオブジェクトの説明プロパティの取得・設定

拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/466-0f38edd7
該当の記事は見つかりませんでした。