MS Access Tips/Sample and VBA and Blog customize etc...

ブログに関連記事リストを表示する その2

前回のブログに関連記事リストを表示する の続きです。前回紹介したスクリプトは、冒頭部分にブログの記事タイトル、ユーザータグなどのデータを記述する必要がありますが、すでに記事数の多いブログだと手書きでは大変な作業になります。今回は、それを少し楽をする方法を紹介します。

難易度:

FC2ブログの管理画面の「テンプレートの設定」でどのテンプレートでもいいので、[複製]ボタンをクリックしてテンプレートの複製を作成します。その複製のテンプレート名を「blogdata」に変更します。

スタイルシートは必要ないので削除します。HTMLも削除して、下記のコードを貼り付けます。

[更新]ボタンを押してテンプレートを更新します。

プラウザのアドレス欄に、下記のようなURLを記述してそのページを開きます。

http://hatenachips.blog34.fc2.com/index.php?style2=blogdata&page=0

赤字部分は自分のブログのURLに変更してください。これで、ブログの記事データが表示されます。最後は[PR]なのでそれ以外の記事データ部分をコピーして、前回のスクリプトの3行目に挿入します。page=0 の部分は、page=1, page=2 ・・・と変更していって、表示された記事データをスクリプトの3行目に挿入するという作業を、記事データが表示されなくなるまで続けてください。

記事数が多い場合は、事前に、管理画面の「環境設定」で「記事(ページ別)」の表示件数を最大の30件にしておいて、作業をすると楽でしょう。作業が終わったらもとの表示件数に戻します。

各記事にユーザータグを設定していない場合は、先に設定しておいてください。また、適当に付けていた場合も、よく検討して付けなおした方がいいでしょう。ユーザータグで一致度を判定しますので、ユーザータグの付け方で精度が決まりますので。私の場合は、一記事当たり5個程度のタグを付けました。この作業は大変ですが、こればかりは自動化できないのでご自身でがんばってください。

スクリプト内のデータの記述がすんだらファイルを保存して、「ファイルアップロード」でアップロードしてください。

以降は、新規記事を投稿するたびに、スクリプトの3行目に、ブログデータを挿入してファイル保存、アップロードという作業をすることになります。

拍手する

Leave a reply






Trackbacks

trackback URL
http://hatenachips.blog34.fc2.com/tb.php/89-308cce21
該当の記事は見つかりませんでした。